スペインのバスケの選手名鑑
選手 Jugador 国籍 生年月日 身長
セルヒオ・リュル
Sergio LLULL
ESP 15/11/87 1,90
セルヒオ・ロドリゲス
Sergio RODRÍGUEZ
ESP 12/06/86 1,92
ルカ・ドンチッチ
Luka DONCIC
SVN 28/02/99 1,98
ジェイシー・キャロル
Jaycee CARROLL
USA
AZE
16/04/83 1,88
ルディー・フェルナンデス
Rudy FERNÁNDEZ
ESP 04/04/85 1,95
ヨナス・マチュリス
Jonas MAČIULIS
LTU 10/02/85 1,96
K.C.リバース
K.C.RIVERS
USA 01/03/87 1,96
ジェフリー・テイラー
Jeffery TAYLOR
SWE
USA
23/05/89 2,01
フェリペ・レジェス
Felipe REYES
ESP 16/03/80 2,03
アンドレス・ノシオーニ
Andrés NOCIONI
ARG
ITA
30/11/79 2,03
トレイ・トンプキンズ
Trey THOMPKINS
USA 29/05/90 2,08
モーリス・ンドゥール
Maurice NDOUR
SEN 18/06/92 2,06
グスタボ・アジョン
Gustavo AYÓN
MEX 01/04/85 2,06
アウグスト・セサール・リマ
Augusto Cesar LIMA
BRA
ESP
17/09/91 2,06
ヴィリー・エルナンゴメス
Willy HERNANGÓMEZ
ESP 27/05/94 2,08
↓怪我
↓カンテラ選手
サンバ・ティアゴ
Samba THIAGO
SEN 19/04/98 2,02
ディノ・ラドンチッチ
Dino RADONCIC
MNE
SRB
08/01/99 2,02
ダニエル・デ・ラ・ルア
Daniel De la RÚA
ESP 30/01/97 1,81
アンリイス・ミシュカ
Anrijs MISKA
LVA 14/01/00 2,03
↓プレシーズン
アルベルト・オムス
Albert HOMS
ESP 23/05/94 1,97
↓怪我
↓シーズン中に退団
HC / Entrenador 国籍 生年月日 -
パブロ・ラソ
Pablo LASO
ESP 13/10/67 -
へスス・マテオ
Jesús MATEO
ESP 23/01/69 AC
パコ・レドンド
Paco REDONDO
ESP 11/04/82 AC
チーム動向
・6月トンプキンズと3年契約と報道あり
・8月15歳203cmのラトビア人ミシュカと契約
・9月サンパウロでインターコンチネンタル杯
- Game1 バウルと対戦(90-91)で敗れる
- Game2 バウルと対戦(91-79)で勝利、2戦合計で優勝
・10月スーペルコパ準決勝でウニカハに敗れる
・10月8日NBAボストンと対戦、96-111で敗れる
・開幕戦スターターは
→ リュル、ルディ、キャロル、トンプキンズ、アジョン
・ユーロリーグで絶不調、A組2勝5敗最下位
・12月ルディが怪我で離脱(2-3ヶ月)
・12月モーリス・ンドゥールと契約
・12月ユーロリーグA組5勝5敗4位で突破
・12月リバースと契約
・12月末クラシコでリュルが怪我、1月復帰
・1月13勝4敗4位でコパデルレイ進出
・1月17節終了後リマが加入
・コパデルレイ決勝スターターは
→ リュル、キャロル、マチュリス、レジェス、アジョン
・2月コパデルレイ優勝!!
・4月ユーロリーグTOP16ラウンド7勝7敗4位で突破
・4月ユーロリーグQFでフェネルバーチェに3連敗で敗退
・5月第32節のフエンラブラダ戦129-81で勝利、チームアシスト35(ACBタイ記録)
・5月中旬オセロ・ハンターと2年契約か?と報道(来季以降)
・29勝5敗2位でプレーオフ進出
・プレーオフFinalでバルサに3勝1敗で勝ってリーガ制覇
Palmarés / 成績
2018-2019
2017-2018 ユーロリーグとACBの二冠
2016-2017 コパデルレイのみ制覇
2015-2016 リーガ制覇もユーロリーグFF進出を逃す
2014-2015 コパデルレイ、ユーロリーグとACBの三冠
2013-2014 2013-14シーズン
2012-2013 2012-13シーズン
2011-2012 2011-12シーズン
2010-2011 セルヒオ・ロドリゲスが加入してタイトルを狙う
2009-2010 メッシーナ体制1年目で無冠
2008-2009 23勝9敗4位でプレーオフへ
2007-2008 レギュラーシーズン優勝(29勝5敗)
2006-2007 Liga ACB王者、ULEB CUPの2冠達成
2005-2006 マリコヴィッチ体制で連覇を狙うも無冠
2004-2005 26勝8敗でシーズン2位プレーオフを勝ち抜き王者
2003-2004 ラマスHC路線で再建のシーズンを送る
2002-2003 チーム崩壊、最悪のシーズン17勝17敗で10位
2001-2002 スカリオーロ体制3年目24勝10敗で3位だが無冠
2000-2001 2000-01シーズン
1999-2000 リーガ制覇
1998-1999 1998-99シーズン
1997-1998 1997-98シーズン
1996-1997 1996-97シーズン
1995-1996 1995-96シーズン
1994-1995 ユーロリーグ制覇
1993-1994 リーガ2連覇
1992-1993 リーガ制覇(1985-86以来)
永久欠番
背番号「10」は永久欠番:フェルナンド・マルティン