スペインのバスケの選手名鑑
選手 Jugador 国籍 生年月日 身長
ジェイソン・グレンジェール
Jason GRANGER
URU
ITA
15/09/89 188
ウェイド・ボールドウィン4世
Wade BALDWIN IV
USA 29/03/96 193
アルトゥールス・クルッツ
Arturs KURUCS
LVA 19/01/00 189
サンデル・ライエステ
Sander RAIESTE
EST 31/03/99 203
アレックス・バレラ
Alex BARRERA
ESP 01/04/92 196
ヴァニャ・マリンコヴィッチ
Vanja MARINKOVIC
SRB 09/01/97 198
ロカス・ギエドライティス
Rokas GIEDRAITIS
LTU 16/08/92 201
タダス・セデケルスキス
Tadas SEDEKERSKIS
LTU 17/01/98 200
シモーネ・フォンテッキオ
Simone FONTECCHIO
ITA 09/12/95 203
アレック・ピーターズ
Alec PETERS
USA 13/04/95 206
ヤニック・ウェッツェル
Yannick WETZELL
NZL
WSM
08/07/96 208
マット・コステロ
Matt COSTELLO
USA
CIV
05/08/93 208
スティーブン・イーノック
Steven ENOCH
USA
ARM
18/09/97 208
↓プレシーズン
シディー・シッソコ
Sidy CISSOKO
FRA 02/04/04 201
オンジェイ・ハンズリーク
Ondrej HANZLIK
CZE 02/03/02 191
↓カンテラ選手
パペ・ソウ
Pape SOW
SEN 14/09/03 201
バウティスタ・ロドリゲス
Bautista RODRÍGUEZ
ARG 13/04/04 198
↓レンタル移籍
パヴェル・サフコフ
Pavel SAVKOV
RUS 13/04/02 200
↓怪我
↓シーズン中に退団
ランドリー・ンノコ
Landry NNOKO
CMR 09/04/94 208
ラマー・ピーターズ
Lamar PETERS
USA 19/06/98 183
HC / Entrenador 国籍 生年月日 -
ネベン・スパヒジャ
Neven SPAHIJA
HRV 06/11/62 -
ドゥシュコ・イヴァノヴィッチ
Dusko IVANOVIC
MNE 01/09/57 -
チーム動向
・6月ロドリゲスと契約
・7月コステロと3年契約
・7月マリンコヴィッチと3年契約
・7月TDシステムズとの契約を解除
・7月フォンテッキオと3年契約
・7月ボールドウィンと契約
・7月グレンジェールと契約
・8月ンノコと契約
・8月イーノックと2年契約
・開幕戦スターターは
→ ボールドウィン4世、マリンコヴィッチ、ギエドライティス、セデケルスキス、ンノコ
・9月バレラと短期契約
・ユーロリーグ開幕戦スターターは
→ グレンジェール、マリンコヴィッチ、フォンテッキオ、コステロ、イーノック
・10月下旬トルコの仮想通貨会社のビットシー(Bitci)がスポンサーに
・11月上旬アレック・ピーターズが米国で手術を発表、復帰未定
・11月上旬ラマー・ピーターズと契約
・11月イヴァノヴィッチが更迭、スパヒジャHC就任
・1月上旬ンノコと契約解除
・2月上旬ラマー・ピーターズと契約解除
・20勝14敗6位でプレーオフ進出
・5月プレーオフQFでバレンシアに2勝1敗でSF進出
・プレーオフSFでレアル・マドリードに3連敗で敗退
公式サイト
http://www.baskonia.com/(スペイン語)
Palmarés / 成績
2022-2023 22-23
2021-2022 20勝14敗6位
2020-2021 プレーオフQFで敗退
2019-2020 短縮シーズンでリーガ制覇
2018-2019 HC交代のシーズンが続く
2017-2018 シーズン中にHC交代もACB2位
2016-2017 アロンソHC新体制
2015-2016 ペラソヴィッチ体制で大躍進
2014-2015 シーズン途中で体制変更
2013-2014 スカリオーロ新体制も無冠
2012-2013 シーズン中にチーム名が変更 ラボラル・クチャ
2011-2012 2011-12シーズン
2010-2011 長年チームを支えたスプリッテルがNBAへ移籍
2009-2010 カハ・ラボラルと名前も変わり若返ってリーグ制覇
2008-2009 28勝4敗1位もプレーオフでバルサに敗れる
2007-2008 スパヒジャHC体制で22勝12敗4位、プレーオフ制覇!!
2006-2007 エスコラ&ラコチェヴィッチで26勝8敗1位もプレーオフで敗退
2005-2006 カルデロンがNBAに去ったがプレーオフファイナル進出
2004-2005 Liga ACBプレーオフ&EuroleagueともにFinalで敗れる
2003-2004 ノシオーニの活躍で28勝6敗1位もプレーオフで敗れる
2002-2003 強引な補強を続けチームは崩壊18勝16敗で6位
2001-2002 オベルト&トマシェヴィッチの活躍でLiga ACB制覇!!
2000-2001 イヴァノヴィッチ体制1年目27勝7敗3位(エスコラがデビュー)
1999-2000 フリオ・ラマスHC体制21勝13敗5位(ノシオニがデビュー)
1998-1999 24勝10敗4位プレーオフで敗退(HCはスカリオーロ)
1997-1998 27勝7敗1位でプレーオフ進出もマンレサに敗れる
1996-1997 テキスト
1995-1996 テキスト
1994-1995 テキスト
1993-1994 テキスト
1992-1993 テキスト